ちょっとした心がけで糖質制限ダイエットができる

糖質制限ダイエットとは糖質の摂取を減らす食事法です。

カロリー制限をすることはなく、お腹いっぱい食べてもOK。
普段の食事から小麦製品やお米などの炭水化物を減らすだけなので
お腹周りが気になりだした方にも取り組みやすいのではないでしょうか。

炭水化物

いつも食べるパンの量を控えたり、
ご飯のお代わりをやめたり、お茶碗1杯を少なめにするなど、
毎日の食事でちょっと心掛けることから始められます。

糖質制限ダイエットと炭水化物の関係

糖質制限するのに何故パンやご飯、麺類などの炭水化物を
食べるのを減らすのでしょうか。

炭水化物は糖質と食物繊維からできているからです。

炭水化物の多い食材を食べるということは、
自然に糖質を摂取してしまいます。
糖質はお菓子などの甘い物だけではないのですね。

気を付けないといけないのは、糖質を減らし過ぎないこと。
糖質はタンパク質、脂質と並んで三大栄養素の一つ。
体のエネルギーになる素です。

糖質抜きなど無理なダイエットはかえって健康に害になります。
偏り過ぎた食事法はどんなものでも良くないのでお勧めしません。

糖質制限ダイエットと血糖値の関係

糖質の含まれたものを食べると血糖値が上昇し、
血液中に膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

大量に糖質が入ると、血中の糖質の割合を調整しようとして
インスリンが過剰に分泌され、体内に脂肪として溜めようとしてしまいます。

食事をする時には、食べる順序に気を付けると血糖値が急上昇するのを防ぎます。
例えば、野菜や海草などの食物繊維の多い食材を最初に食べると良いそうですよ。

ちょっと意識することで、ダイエット効果があるなら
食べる順序に気を使ってみるのも悪くないのではないでしょうか。

逆に、糖質の量が減ると、蓄積された脂肪を使ってエネルギーに変えてくれます。
ダイエットを真剣にしたい人は、甘い食べ物だけでなく
炭水化物を減らすのがお勧めですね♪

糖質制限ダイエットに限らず、栄養バランスの整った食事を楽しむ

私は昔から粉もん大好き。
関西出身ですからお好み焼き、たこ焼き、焼きそばは定番メニュー。

そして、パン、パスタが大好物。レストランでパン食べ放題なんてワクワクです。
全種類制覇!と意気込んで食べました(^^;;

でも、50歳手前になって基礎代謝が落ちていることを実感してからは
もう一切れ食べたいパンを我慢したり、パスタの量は控えめにしています。
夕食にはご飯はお茶碗半分弱です。

でもその代り、少しの美味しいパンをこだわって食べるようになりました。
量より質です(笑)

かえって、何でもいいから沢山食べたい!ということがなくなり、
心から満足を得られる食べ方になりました♪

良いダイエット(食事法)は結局は栄養が偏らないこと。
栄養のバランスをしっかり摂ることが大切だと思います。

同時に、添加物をあまりとらないようにすること。
良質の油を取ることなど、今自分が食べている食材に
ちょっと目を向けて改善すればいいのではないでしょぅか。

食べることは楽しい、美味しいものを食べればうれしい。

 食べたいのに我慢する
 食べたくないのに体にいいからと無理矢理食べる

のではなく、

 このくらい食べるのがちょうどいいな、
 あまり好みではないけど今は食べておいたほうが健康に良いよね、、、

と自分の体と栄養バランスと考えながら楽しく食べるスタイルがお勧めです。

そして体が一番喜ぶのはシンプルな素材をシンプルに味わうこと。
ではないかなと私は思っています。

賢く楽しく食べれていつまでも健康で若々しくいたいですものね。

そうなれば、暴飲暴食や偏った食事を自然としなくなります。


Tag: 糖質制限ダイエット 栄養バランス


a:68 t:1 y:0

コメント


認証コード7909

コメントは管理者の承認後に表示されます。