三大栄養素の一つである糖質と炭水化物との関係、違いとは?

糖質と炭水化物は同じ?いえ、違います

甘いものは体に良くない。
ダイエットには禁物!なんて思っていませんか。

糖質は脂質、たんぱく質ともに体を動かすための
エネルギー源になる主要栄養素のひとつです。

この3つは「三大栄養素」と言われていて、
その一つであるにも関わらず、
ダイエット目的で糖質カットするのは危険なのです。

特に、脳・神経系にとっては糖質の唯一のエネルギー源なので
糖質が極端に不足すると意識障害を起こすこともあります。

反対に体内には少なく、必要以上に入った糖質は
体の中で脂肪となってり蓄積されます・・・要注意(>_<)

では、炭水化物や食物繊維との関係は?というと
糖質は炭水化物の構成成分の一つです。

  炭水化物 = 糖質 + 食物繊維  

糖質はさらに、穀物、イモ類などに含まれるデンプンと
砂糖などの甘いものに分けられます。

  糖質 = 穀物やイモ類のデンプン + 砂糖などの甘いもの

脳が糖質を求めている!

糖質は特に脳が必要とする栄養素なので、
頭を使うことをすると糖質が不足してきます。

勉強に集中したら甘いものが食べたい!と思ったことありませんか。

チョコレート

脳が求めているのですね♪
入れてあげましょ。でもほどほどに(^^)

もしかしたら、糖質たくさんあるのに、
エネルギーに変えてくれる栄養素が
足りないのかもしれません。

糖質をエネルギーに変えるためには、
ビタミンB群の助けが必要なのです。

その中でもビタミンB1やB6が
糖質のエネルギー代謝に関わっています。

糖質がエネルギーに変わらない原因

現代人はビタミンB1、B6が不足していると言われています。
何故かというと、脳を使うのは勉強だけではありません。

コンピューターやテレビ、
子どもがよくやっているゲームなどもそう。

   携帯ゲーム

こういうものをやると目を酷使するだけでなく、
脳の栄養もすぐになくなるのです。

ビタミンB1やB6を食事でしっかりとっておかないと
糖質からエネルギーが作られずに
消耗されていくだけなのです~(-_-;)

思考力や集中力が低下するのは当たり前ですね。
体力が低下し、疲れやすくもなります。

逆に余った糖質は中性脂肪となって体内に蓄積され、
生活習慣病や肥満を招きます。

     肥満

糖分の多いジュースやインスタント食品をよく食べる人は
糖質が体に余った状態になり、
蓄積されていく・・・・脂質蓄積

極端に糖質を減らすのではなく、
代謝を促すビタミンB群が
豊富な食べ物をしっかり食べましょう。

ビタミンB1は玄米や胚芽米、豆類、豚肉、うなぎ蒲焼などに、
ビタミンB6は青魚、アボカド、サツマイモ、バナナ、卵などに

多く含まれています♪


Tag: 糖質 炭水化物 食事法




a:63 t:1 y:0

コメント


認証コード7359

コメントは管理者の承認後に表示されます。