栄養豊富で料理簡単!主婦に嬉しいスティックブロッコリー

これ、ブロッコリーです。

スティックブロッコリー

一般的な丸い形ではなく、茎の部分が長く、先に小さめの花蕾。
スティックブロッコリー、茎ブロッコリー、スティックセニョールと呼ばれます。

私はもともとブロッコリーの頭の部分よりも
茎の方が好きなので、このスティックブロッコリーは
茎の割合が多くてうれしい。

これは我が家の家庭菜園育ちですが、
市販されているものはもっと茎が長いですね。

無農薬、化学肥料なしで育てれば
新鮮なうえ、安心、そして旨味も詰まっています。
大地の恵みに感謝です。
あ、栽培してくれた夫にも少し感謝しておきましょう(^^)

ブロッコリーの栄養成分

栄養価は普通のブロッコリーと変わりません。
栄養価はとても高いです。

ブロッコリーの栄養成分
ブロッコリー ビタミンC
 非常に豊富です。ビタミンCは水溶性なので茹でると減ってしまいますが、
 ブロッコリーのビタミンCは茹でてもかなりの量が残っています。

100gのキャベツとブロッコリーのビタミンCを比べてみると・・・

 キャベツ(生) 41mg → (茹)17mg
 ブロッコリー(生) 120mg →(茹) 54mg

ビタミンCは抗酸化作用があり、癌や風邪予防、老化防止に効果。
鉄分の吸収を高めてくれます。

ブロッコリー 葉酸
 造血に不可欠。ビタミンB12とともに赤血球を作ります。
 胎児の正常な発育に必要なので、妊婦、授乳婦さんは特に必要です。

ブロッコリー ビタミンK
 骨を丈夫にし、出血時に血を止める役割があります。

その他、カロテンやカリウム、カルシウムなど栄養素を含みます。

スティックブロッコリーは料理が簡単

なんといっても料理が楽。

このまま茹でたり、炒めたり、蒸したり、下準備なしに使えて便利。
火を通すと緑が鮮やかになるので料理が美味しく見えます。
忙しい主婦には有り難い食材です。

料理には普通のブロッコリーと同じように使えます。
一般的にサラダ、炒め物、メイン料理の付け合せ、
煮込み料理の彩り添えといったところでしょうか。

茎が長い分、アスパラのような使い方もできますね。
豚肉やベーコンを巻いて焼いたり、茹でたスティックブロッコリーを
生ハムで巻けばちょっぴりオシャレな前菜にもなります。

旬の冬の季節には積極的に食卓に登場させてはいかがでしょう。


◆関連記事(食品別料理メニュー)◆
 >>私のお勧めスティックブロッコリーの長さを活かした料理


Tag: スティックブロッコリー 料理簡単 栄養豊富 ビタミンC 葉酸 ビタミンK




a:80 t:1 y:0

コメント


認証コード6300

コメントは管理者の承認後に表示されます。