王様の野菜と言われる栄養豊富なモロヘイヤ

モロヘイヤは日本人にとっては新種の野菜かもしれません。
私の子どもの頃にはありませんでした。

モロヘイヤ

じつはこのモロヘイヤ、王様の野菜と言われているほど素晴らしい野菜です。
何故このように言わているかというと・・・

説によると、

モロヘイヤ 古代エジプト王が病気の時に食べたら回復した
モロヘイヤ クレオパトラが美容と若さのために食べていた

だからだそうです。
実際調べると驚異的に栄養素が高いのです(^^)

馴染みのあるホウレンソウよりもビタミン、ミネラル、繊維質などの
栄養成分において、モロヘイヤの方が優れています

モロヘイヤを食べるとこんなに良い栄養成分とは

モロヘイヤ栄養 がん予防とアンチエイジング
 →β-カロテンは野菜の中でトップクラス
  体内でビタミンAに変わり粘膜保護や抗酸化作用があります。

モロヘイヤ栄養 貧血予防
 →鉄分と鉄分の吸収を助けるビタミンCが入っています。

モロヘイヤ栄養 ダイエット効果
 →カリウムが多く、水分代謝を良くしてむくみ予防

モロヘイヤ栄養 骨の健康保つ
 →ビタミンK、カルシウムがあり骨の健康バランスを保つ役割

モロヘイヤ栄養 胃を元気に
 →ねばねば成分(ムチン)が胃壁を保護します。夏の疲れた胃を癒してくれます。

モロヘイヤ栄養 糖尿病予防
 →食物繊維がコレステロール吸収を抑え、ねばねば成分が血糖値上昇抑えます。

食べなきゃ損!と言えるほどのモロヘイヤですが、
注意すべき点があります。

毒性がある実は食べない!ことです。

我が家のモロヘイヤも、そろそろ花が咲いた後に実ができます。
料理する時は必ず取ります。

市販のモロヘイヤもたまに実がついているので気をつけてください。


◆関連記事(食品別料理メニュー)◆
 >>暑い夏を乗り切るための我が家のモロヘイヤ料理


Tag: モロヘイヤ 栄養豊富 β-カロテン ビタミンC 鉄分 アンチエイジング




a:94 t:1 y:0

コメント


認証コード9007

コメントは管理者の承認後に表示されます。