ビーガンとベジタリアンの食事

最近ビーガンという言葉をよく聞くようになりました。

ビーガン

ベジタリアンと混同されることが多く、
日本ではまだまだ馴染みが薄いビーガン。

どう違うかというと、ビーガンの方がベジタリアンよりも菜食を徹底しています。
動物性たんぱく質や動物由来の脂肪は一切口にしません。

ビーガンとは
絶対菜食主義者・純粋菜食主義者。いわゆるベジタリアン(菜食主義者)と混同される事が多いが、卵や乳製品を食べるのに対し、ビーガンは、それらも一切口にしない。さらに、洋服、靴や鞄などにおいても、毛皮および皮革、ウール、シルクなど動物を使用した製品の一切を拒む人々もいる。    (はてなキーワードより)

食事にフォーカスして比較すると、

ビーガンとベジタリアン

但し、どちらもかなり個人差があるようです。

海外ではベジタリアンやビーガン用のスーパーマーケットがあったり
レストランには専用メニューが用意されているのが当たり前なので
彼らが食べるものがなくて困ることはないようです。

日本では、かつおや煮干しなどの出汁に魚を良く使うので、
日本でビーガンやベジタリアンを貫くのは難しいかもしれません。

ビーガンは卵・乳製品も食べないので、タンパク質不足が心配です。
またタンパク質だけでなく、ビタミンB群の摂取も減るので
栄養が偏り健康被害を起こす危険性があります。

倫理的な問題なので、私はビーガンが悪いものだとは思いませんが、
心身の健康を維持するためには、栄養バランスが大切だと常々思っているので、
特に成長期にある若者は気を付けて欲しいな、と思います。

勝手に食べないというのではなく、栄養を考えて代わりの食品を補う
食べ物で無理なら、サプリメントを摂るなど健康に意識すべきだと思います。

日本には大豆、豆腐という素晴らしいタンパク源がありますし、
ビタミンB群の豊富な豆類やナッツ類を上手く取り入れて
栄養たっぷり、美味しく食べることを心掛けたビーガンになればいいですね。


◆関連記事◆
 >>野菜を美味しくビーガン料理


Tag: ビーガン ベジタリアン




a:113 t:1 y:0

コメント


認証コード2539

コメントは管理者の承認後に表示されます。