春を告げる魚「いかなご」とその栄養

兵庫県淡路島や播磨~阪神地区では春の風物詩として
いかなごの釘煮を炊きます。

いかなごは2~3月に収穫する魚で、
漢字で書くと玉筋魚。獲れる地域で呼び名が違い、
伊勢湾の愛知県 三重県では「こうなご(小女子)」と呼ばれているそうです。

いかなごの釘煮のベテラン達の大イベント

釘煮プロ(自称…笑)の私としては
2月に入るといかなご漁の解禁日が気になり出し、
解禁日を決定する試験曳き(試し漁)の日程をまずチェック。

自分のスケジュールと突き合わせて、
いつなら炊けるかソワソワし始めるのです(笑)

いかなご

毎年大量に炊くベテランは、シーズンが来ると醤油、砂糖、しょうがなどの材料を買い込み、
解禁日には待ってました!と言わんばかりに、朝から買いに出かけます。

いかなご

鮮度が重要なので、朝いかなごが店頭に並ぶ前から行列です~。

何十キロものいかなごの釘煮を炊いて
遠くの家族や親せき、知人に送るという毎年恒例の大イベントなのです。

町中に醤油と砂糖の甘辛い香りが漂い、、、を通り越して、充満します(笑)

「釘煮」と言われるのは、炊くといかなごが折れ釘のように曲がるからですが、
綺麗に仕上げるにはちょっとしたコツが必要。

解禁直後の小さいサイズのものをいかに上手く炊くか
いかなご炊きの醍醐味なのです。

でも最近は、解禁日を伸ばして、小さいサイズのいかなごは収穫しないので、
それほど技が必要ではなくなりました、、、。
誰でも上手に炊けるサイズから売り出しが始まります。

解禁を遅らせる理由は獲れないからです(>_<)

近年いかなごの個体数が随分減っていて、禁漁する日もあります。
市場に出る数がかなり減り、買いに行っても確保できないことがあります。

その上、値段が高騰。これから先、どうなるのか心配です。

この地域以外にも、大阪や和歌山でも炊く人が増えていただけに
炊きたい人にとっては残念ですね。

いかなごとの出会い

私も結婚して神戸に来てから毎年欠かさず炊き続けることに、、、。
夫の実家が神戸垂水区の魚屋だったので
いかなごとの出会いは必然的でした(笑)

嫁いだ早々、いかなご販売の手伝いで店頭に。
これは想定外でしたけど~^^;

いかなご

昔はビニール袋に1kgずつ袋詰めでしたが、
最近ではこんな風にパックで売られている方が多くなりました。

いかなごの釘煮もしっかり身につけ、店を閉めることになってからも
毎年数十キロ単位で炊いています。

我が家の釘煮はシンプルな材料で1年冷蔵庫で保存できるほど
しっかり炊きます。
なんといっても魚屋仕込みですから(笑)

土地柄、いただくこともあるのですが、
やっぱり我が家の釘煮が一番おいしいです(自画自賛(^^)v)

いかなごの栄養成分

一年中冷蔵庫にあるご飯のお供、いかなごの釘煮。
せっかく食べているのだから、いかなごの栄養を調べてみました。

丸ごと食べるのでカルシウムはもちろん、
他にはビタミン・ミネラルではビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンDが
多く含まれています。

釘煮は1時間近く強火でガンガン炊くので、
ビタミンはかなり減ってしまうような気がしますが、、。

いかなごの釘煮はちょっぴり知名度が上がりましたが、
他にも湯がきたての いかなごの釜揚げ超オススメ!

生姜をたっぷりかけてお醤油でいただく釜揚げとご飯があれば
他に何も要りません。

釜揚げもお店で売っていますが、ちょっぴりの量しか入っていません。
自分で湯がいたものをたっぷり食べるのがお勧めですよ。


◆関連記事(食品別料理メニュー)◆
 >>魚屋お勧め 基本のいかなご料理


Tag: いかなご




a:90 t:2 y:0

コメント


認証コード6909

コメントは管理者の承認後に表示されます。