チーズと一緒に食べると栄養満点になる食品とは

チーズの原材料は牛や羊などの生乳。
生乳には赤ちゃんが成長するために必要な栄養がたっぷり入っています。

その生乳から作られたチーズももちろん栄養豊富。
しかも発酵食品なので、体にはとてもいいものなのです。

牛乳からチーズになると、なくなる栄養がある

牛乳には三大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)が含まれています。
他にカルシウムなどのミネラル
ビタミンA、Bもあります。

人にとっても大切な三大栄養素、タンパク質、脂質、糖質の中で
牛乳に含まれる成分で一番多いのは糖質です。

でも、牛乳からチーズになる過程で、
水分とともに糖質はほとんど排出されてしまいます。

また、チーズにはビタミンCと食物繊維がありません
なので野菜やフルーツなどを食べて
不足する栄養成分を補う必要があります。

ヨーロッパの人たちがチーズ料理にジャガイモとパンを食べる風景を
見たことがありませんか?
確かに、チーズはジャガイモやパンとよく合います。美味しいですね。
栄養面からも理にかなった組み合わせなのです。

栄養豊富なチーズ
ジャガイモのビタミンC
パンは炭水化物(糖質)

これで栄養満点、バランスのとれた食事になるのですね~(^^)

チーズラクレット

私がヨーロッパとチーズで思い浮かべるのは
アルプスの少女ハイジが暖炉で溶かしたラクレットチーズを
パンに乗せて食べる場面。

チーズ好きの私は、子どもの頃、食べてみたい!と憧れました♪

その頃はナチュラルチーズプロセスチーズの違いを知らなかったので
ハイジのチーズと日本で売られているチーズが別ものだとは
当然知りませんでした。

私が小さかった頃はまだ一般的ではなかったように思います。


◆関連記事(食品別豆知識)◆
 >>ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは何?


Tag: チーズ 糖質 ビタミンC




a:101 t:1 y:1

コメント


認証コード6431

コメントは管理者の承認後に表示されます。