春こそヨモギでアンチエイジング

家庭菜園の端で自生しているヨモギの新芽を採ってきました。

ヨモギ

ヨモギの旬は3月~5月。
ヨモギはどこにでも生えていて雑草っぽいけど、栄養価が高いハーブですね。

ヨモギの独特の香り私は大好きです!!
お餅だったら白いものよりヨモギ入りを必ず選びます♪

またヨモギは食べるだけでなく、昔から万能薬としても使われてきました。
お灸のもぐさとしても有名です。

ヨモギを見ると摘んでお団子作りたくなります(^^)
ただ、ワンちゃんの散歩道に生えているのは、なんか不衛生、、、。
特に食べるのなら人やペットが立ち入らない場所のヨモギを選びたいですね。

アンチエイジングの決意は春に!

ヨモギにはアンチエイジングによい成分がたっぷり入っています。
ならばたくさん摘んでおきたい!と思うのは私だけ?

いえいえ皆さん思っているはず(笑)
春は新年度、何かを始める決意の季節!
家族でアンチエイジング宣言をしてみませんか。

お天気のいい日はピクニックやお散歩に誘って
家族を巻きこんで春にたくさん摘んでおきましょう(笑)

小さいお子さまがいるなら、一緒にヨモギ摘みいいですね。
自然の中にいると子どもたちも大喜び。
帰ってから一緒に摘んだヨモギでヨモギ餅っても楽しいひと時です。

こうやって体に良いものを次の世代に伝えていくことも大切ですよね。

ヨモギを摘むのは柔らかい新芽の部分。
新鮮で柔らかいヨモギが手に入ったら
下茹でして冷凍しておけばいつでも使えて便利です。

でも、たくさん摘んだつもりでも茹でれば、えっ?これだけ?
というほど少なくなります(^^;;
多いかな、、というくらい摘んでおきましょ。

アンチエイジングに効果抜群!ヨモギの栄養成分

ヨモギには葉緑素や鉄、β‐カロテン、ビタミン、食物繊維など
健康を総合的にサポート、つまりアンチエイジング成分がたっぷり!

  クロロフィル・・・造血作用、コレステロール値を下げる
  β-カロテン・・・抗酸化作用、必要な分だけ体内でビタミンAに
          変換して皮膚や粘膜の健康維持
  食物繊維・・・ほうれん草の約3倍!!便秘解消、デトックス効果に。
  ビタミンK・・・止血作用があり薬として使用されてきました

その他、体を温める、美肌、止血作用、喘息予防など
体がキレイになるアンチエイジング成分がたっぷり。
嬉しい自然の恵みです♪


◆関連記事(食品別料理メニュー)◆
 >>摘んで来たら絶対食べたいヨモギ料理


Tag: ヨモギ アンチエイジング 食物繊維 β-カロテン




a:78 t:1 y:0

コメント


認証コード5199

コメントは管理者の承認後に表示されます。