マーガリンは危険って本当?トランス脂肪酸との関係とは

トランス脂肪酸が体に良くないということは
健康志向の方なら聞いたことがあるはず。
その理由もご存じでしょう。

でも、スーパーに行けば売られていますよね。
バターと比べれば安いし、柔らかいのでパンには塗りやすい。

でも、健康のためにもマーガリンはやめて
その代わりバターを使って欲しい。

バタートースト

お子さまがいる家庭なら、なおさら気にかけて欲しい、、、。
子どもの食生活をコントロールできるのはママですから。

マーガリンは体に良くてバターは体に悪いと言われていました

マーガリンやショートニングは食べてはいけないと
聞いたことありますか?

私が子どもの頃は、

 植物性油から作られるマーガリンは○
 動物性油から作られるバターは×

と言われていました。
実はこれが全くのウソだったとは、、、(>_<)

それなのに、今でも
この神話を信じている人は実は結構います。
関心のない人もたくさんいます。

でもマーガリンや、マーガリンに似たショートニングは
本当に体に悪いのでしょうか。それはどうして?

悪いと言われているから食べないのではなく、
何故なのか、ちゃんと理解してから
食べるか食べないかは判断すべきだと思うのです。

固形の油と液体の油

マーガリンもバターも油です。
ではサラダ油、亜麻仁油、オリーブオイルももちろん油。
個体と液体ですね。

油には 飽和脂肪酸不飽和脂肪酸 があります。

飽和脂肪酸 飽和脂肪酸
  
  室温で個体で安定しています。
  乳製品、肉類に多く含まれています。
  例えばバターやお肉の油です。

不飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸

  常温で液体です。
  不飽和脂肪酸はさらに主に3つに分類されます。

   オメガ3(n-3系) 主に魚の油、亜麻仁油など
   オメガ6(n-6系) 主にサラダオイルなどの植物油
   オメガ9(n-9系) 主にオリーブオイル

油については別の記事でもう少し詳しく書きます。

では、マーガリンやショートニングは植物油から作られるのに
見た目はバターのように固体なのはどうしてでしょうか?

  答えは、、、水素添加をして形を変化 させているのです。

マーガリンやショートニングが体に悪い訳

一体、なぜ悪いのかというと、、、

植物油に水素添加してマーガリンになる時、
その製造工程で一部がトランス脂肪酸に変わってしまいます。

このトランス脂肪酸が問題なのです (>_<)

トランス脂肪酸は血中 悪玉コレステロールを増加 させ、
反対に、善玉コレステロールを減少 させます。

多量に摂取し続けると動脈硬化などのリスクを
高めることが分かっています(>_<)

毎朝トーストに塗りたくっているとしたら、
そのマーガリン!要注意
せめて、バターに変えましょう!ということなのです。

ただし、牛乳から作られるバターも
天然のトランス脂肪酸を含んでいます。
そのことは忘れないでおくべきですね。

ショートニングは何に使われるの?

マーガリンと同じ製法で作られる''ショートニング
ちなみに100gあたりのトランス脂肪酸''の平均含有量は

  バター・・・1.95g
  マーガリン・・・7.00g
  ショートニング・・・13.6g

ダントツでショートニングが高い。
でも平均値ですからね。もっと高いものもあるのです!

ショートニングをトーストに塗る人はあまりいないでしょうから
ショートニングは買わないし食べてないわ、、
と言われるかもしれません。

でも、お菓子作りをする人なら、よく御存じ、
使用したことがあるかもしれませんね。

わざわざレシピの材料にも載っています。
私も以前、使ったことあります(^_^;)

市販のパン、ケーキ、菓子類に幅広く利用されています。

他にも、ショートニングは安価なので、
外食産業の揚げ物によく使われています。
サラダ油で揚げるより、サクサク になるそうなんです。

マ○○ナルドのポテト、○○タッキーのチキンは
ショートニングを使っているとか、、、
しかも、何度もその油を使うそうです、、。

油の酸化はもっと怖い

では、水素添加しないオイルは大丈夫でしょうか。
サラダオイルの揚げ物は大丈夫?普通はサラダオイル使いますね。

実は、トランス脂肪酸は高温によっても生じます

トランス脂肪酸

もし何度も交換せずに同じ油で揚げられていれば、
トランス脂肪酸を含む場合が多いのです。
揚げ物の臭いで胸やけすることがありませんか?

外で揚げ物を食べるのは控えた方がよさそう、、
ということになるのです(^_^;)

米国でトランス脂肪酸を規制

米国で今問題になっているのが、このトランス脂肪酸です。
外食産業が活発な米国では、日本よりも摂取量が高く、
心臓病などの発症リスクが高まっています

そこで米食品医療薬局(FDA)が加工食品への
マーガリン、ショートニング、食用油の
使用規制に乗り出しました。

同時に総脂肪量、飽和脂肪酸量、コレステロール量、
トランス脂肪酸含有量の表示義務も。

トランス脂肪酸を使わないレストランや地域では
一定の効果を上げているようです。

日本では残念なことにトランス脂肪酸の規制はされていません。

日本人は欧米との食生活の違いがあるため、
それほど多く摂取していない、という理由ですが、
確実に食生活は欧米化しています

もちろん、絶対和食派という人もいますが、個人差が大きく、
欧米人と同じような食生活をしている人、
洋食大好きな人は多いのではないでしょうか。

日本の子どもに危険が迫る

今の子どもたちは、ファストフードや洋菓子、加工品に
囲まれた生活をしています。
しかも、大好きですね(^_^;)

ママたちも、平気でそのような食品を与えています。
給食にパンと一緒に出てくるのは大抵マーガリン。

だったら家で食べる朝食のトーストは、
せめてマーガリンの代わりにバターかジャムに
したほうがいいのはもうお分かりでしょう。

朝食のマーガリンをバターに変えただけで、
アトピーがましになったと聞いたこともあります。

我が家は子どもが小学生の時には、

 米飯給食時→朝食はパン
 パン給食の時→朝食はご飯  

にしましたし、トーストに塗るのは
マーガリンからバターに変えました。

たまには外食もするし、お惣菜を買うこともあります。
安全な物だけを食べるのは不可能なこと。

だから、せめて家で使うものは意識的に
ましなものに変えています。
もちろん、これもできることからです。

ちゃんと理由を理解して、少しでも避ける努力を
するべきだと思います。
そして、できることから改善していくといいですね。

最近はバターでさえ、使うことが減りました。
もっぱらエキストラバージンオリーブオイルです。


Tag: トランス脂肪酸 健康




a:43 t:1 y:0

コメント


認証コード3863

コメントは管理者の承認後に表示されます。