ゴーヤ(にがうり)の栄養素ビタミンCが凄い理由とは

ゴーヤは環境にもやさしい野菜です

ゴーヤ(にがうり)は沖縄の野菜ですが、
最近はどこでも売っていて
夏の定番野菜になりましたね。

ゴーヤ(にがうり)

家庭でも育てるのは簡単。
庭に植えるとグリーンカーテンになり、
部屋の温度が下がる気がします。

好き嫌いがあるかもしれませんが、ゴーヤの香りは
夏の暑苦しさを癒してくれます。
ただ、部屋の中が幾分暗くなりますが、、^^;

小学校の校舎をゴーヤのグリーンカーテンで覆って
教室の温度を下げよう!という試みもよく聞きます。
環境、植物の成長、調理。子どもの学習に何役にもなりそうですね。

ゴーヤの栄養成分

ゴーヤの栄養ですごいのが
ゴーヤの栄養 ゴーヤのビタミンC

夏のビタミンC補給はゴーヤがいい!
何故かというと、、、、
ゴーヤのビタミンCは壊れにくいからです。

夏は紫外線、効きすぎるエアコンなど、
女性の肌には酷ですね。
汗で肌はべたべたしていても、肌の中はかなり乾燥しています。

美白、コラーゲン生成と聞けばやはりビタミンC。
ビタミンCを摂って体の中から美肌キープに心掛けたいです。

ゴーヤはビタミンCが豊富と言われるキウィやいちごよりも
ビタミンCが多く、同じ夏野菜のトマトの3~5倍です。

そして注目なのが、ゴーヤのビタミンCは
加熱に強く壊れにくいこと!
これはありがたい\(^o^)/

食べたらほとんどのビタミンCが
体のために働いてくれるのですから(^^)
毎日食べたいものです。

ゴーヤの苦み成分
ゴーヤは「にがうり」と言われるように、苦いです。
ゴーヤが嫌われるのはその苦みのせいでしょう。
でもこの苦み成分が夏の胃にはすばらしい働きをしてくれます。

苦み成分「モモルデシン」は

 胃腸の粘膜を保護
 食欲増進

他に、血糖値や血圧を下げる効果もあります。

ゴーヤの栄養 その他の栄養成分
ゴーヤは他にも、β-カロテン、ビタミンK、葉酸、
カリウムなどのビタミンやミネラル、食物繊維が
たくさん含まれていて栄養豊富な野菜です。

 高血糖、高血圧防止
 コレステロール下げる
 老化防止
 美肌
 食欲増進

などの効果が期待できます。
夏にはゴーヤを積極的に食事に取り入れたいですね。



◆関連記事(食品別料理メニュー)◆
 >>ビタミンCが壊れにくいゴーヤ料理を食べて美肌に


Tag: ズッキーニ ビタミンC β-カロテン カリウム ビタミンK

a:50 t:1 y:0

コメント


認証コード3979

コメントは管理者の承認後に表示されます。