夏野菜の代表トマトの赤色色素はリコピン♪抗酸化に優れています

なんと言っても夏野菜の代表はトマト!
子どもの頃、野菜嫌いだった私が食べられる野菜は
このトマトでした~。

トマト

娘のママ友と家庭菜園を始めたころ、トマト屋をするのか?
と笑われたほどトマトが収穫できたことがあります。

それもそのはず。無知で始めた野菜作り。
買ってきたトマトの種をポットに植えて芽を出し、
苗に育ててから畑に持って行って植えました。

何株あったのかな、、、。おそらく100本以上はあったでしょう(笑)

それがとても良く育って、収穫が始まると
トマト、トマト、トマト~~!!

ものすごくできてしまって、、、それは困りました。

ご近所、お友達にお裾分けはもちろん、
トマトソース、ケチャップなどの保存用にしても
まだある、、、、。

それ以来、種を買うのは止めました(笑)

必要な分だけトマト苗を買えば十分です。
しかし、100本て、、、(・・;)

でも自分でトマトを育てるというのは初めての経験だったので、
収穫した時は嬉しかった♪
1日に5~10個は食べていたと思います。

無農薬・太陽の光をたっぷり浴びた健康的なトマトであることは
確かですが、いくら栄養があるからと言って
食べ過ぎも良くありませんよね、きっと。

では、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか。
よく耳にするトマトの栄養いえばリコピン。

リコピンの他にどんな栄養があるのか、、
そもそも、そんなに食べて良かったのか、、。
気になるところです。

トマトの代表的栄養はやっぱりリコピン

トマトの栄養 リコピン
色素成分であるカロテノイドの一種。
トマトの赤色はこのリコピンの色です。

リコピンは抗酸化、アンチエイジングに優れています。
日焼しやすい夏にはしっかり食べると良さそうですね。

しかも油と一緒に調理したほうが吸収がよくなります。
生で食べるよりも、トマトソースにしたり、
エキストラバージンオリーブオイルと酢でマリネにすれば
効率よくリコピンを吸収できます。

もちろん真っ赤なトマトの方がリコピンの量は多いです。

ビニールハウスで育てられている市販の生食用トマトは
青いうちから収穫されていることが多く、
太陽の恩恵をあまり受けていないこともあるそうです。

真っ赤になってから収穫するほうが
栄養素が多いのは当然ですね。

生で食べたいのなら、自分で育てて
真っ赤になってから食べるのが
やっぱり良さそうです。これはある意味贅沢かも(^^)v

トマト缶やケチャップなど加工用トマトは
形を気にする必要がないので、太陽の下で畑で
真っ赤になるまで育てられ、生食よりもリコピンが多いそうです。

その他のトマトの栄養成分

トマトの栄養 β-カロテン
β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、
粘膜を保護、免疫力を高め、抗酸化作用があります。
がん予防やアンチエイジングを期待できますね。

トマトの栄養 ビタミンC
抗酸化作用があり、癌や風邪予防、アンチエイジングに効果。
鉄分の吸収を高めてくれます。

トマトの栄養 ビタミンE
抗酸化に優れています。
癌、動脈硬化などの生活習慣病の予防、
アンチエイジング、美肌作りに。

トマトの栄養 カリウム
利尿・発汗を促し、水分代謝を良くして
むくみを予防、血圧も下げてくれます。


◆関連記事(食品別料理メニュー)◆
 >>夏はリコピンたっぷりのトマトで美味しく日焼け対策


Tag: トマト リコピン ビタミンC β-カロテン カリウム

a:50 t:1 y:0

コメント


認証コード9853

コメントは管理者の承認後に表示されます。