世界一栄養価が低いと言われるキュウリ、本当でしょうか

キュウリは90%以上が水分。
ということは、、ほとんどが水分で
他の野菜と比べると栄養価が低い^^;

世界一栄養価の低い野菜と言われる所以です。

キュウリ

でもキュウリにもしっかりとした役割があります。

身体にこもった熱を下げてくれるので
暑い夏には欠かせません。

夏バテ気味の暑い日に冷たいキュウリを丸かじりすると
す~っと気分が良くなることがあります。

お祭りや高速道路のサービスエリアで売られている
キュゥリの一本漬け(串にキュゥリの浅漬けを刺したもの)は
シンプルだけど美味しい。

キュウリのカリウムと塩のナトリウムが
体の中の塩分バランスを整え夏バテ防止してくれます。

決して役割のない野菜ではないのです。

キュウリの栄養成分

キュウリ βカロテン 皮の部分に含まれています
 β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、
 粘膜を保護、免疫力を高め、抗酸化作用があります。
 がん予防やアンチエイジングを期待できますね。

キュウリ カリウム たくさん含んでいます
 利尿・発汗を促し、水分代謝を良くして
 むくみを予防、血圧も下げてくれます。



◆関連記事(食品別料理メニュー)◆
 >>栄養がほとんどない!?と言われるキュウリの料理ひと工夫


Tag: キュウリ β-カロテン カリウム

a:30 t:1 y:1

コメント


認証コード1686

コメントは管理者の承認後に表示されます。