捨てるのはもったいない!ニンジン葉の栄養がすごい

たまたま買ったニンジンに葉っぱが付いていた。
この葉っぱ捨ててしまっていませんか?

でも、このニンジン葉、食べてもいいのでしょうか?
硬そうだけど食べられるの?と思ったことありませんか。

ニンジン葉

今回はニンジン葉の栄養や料理についてみてまとめたいと思います

ニンジン葉の栄養成分

ニンジンは最近は水耕栽培で通年栽培されるというものの、
一般的には夏に種を蒔き、秋に収穫します。

ですのでニンジン葉の旬は7月~10月。

この時期、ニンジン葉を見つけたら是非食べて欲しいものです。

ニンジン葉の栄養効果

ニンジン葉には捨ててしまってはもったいないほどの
たくさんの栄養がつまっています。

カボチャ βカロテン
 β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、
 粘膜を保護、免疫力を高め、抗酸化作用があります。
 がん予防やアンチエイジングを期待できますね。

カボチャ ビタミンE
 抗酸化に優れています。
 癌、動脈硬化などの生活習慣病の予防、
 アンチエイジング、美肌作りに。

カボチャ ビタミンK
 骨を丈夫にし、出血時に血を止める役割があります。

カボチャ カリウム
 利尿・発汗を促し、水分代謝を良くして
 むくみを予防、血圧も下げてくれます。

カボチャ ビタミンC
 抗酸化作用があり、癌や風邪予防、アンチエイジングに効果。
 鉄分の吸収を高めてくれます。


◆関連記事(食品別料理メニュー)◆
 >>捨てられない!栄養たっぷりニンジン葉の料理メニュー


Tag: ニンジン葉 ビタミンC β-カロテン カリウム ビタミンK ビタミンE

a:37 t:1 y:1

コメント


認証コード0034

コメントは管理者の承認後に表示されます。